STAFF BLOG

鍼灸専門治療院 feel横浜本院 スタッフブログ

身体の中から紫外線対策

2019-08-14

こんにちは!
横浜市保土ヶ谷区の天王町にあります、はり・きゅう・マッサージ治療院feelです。


先日、お休みを頂いた際に日帰りで熱海へ行ってきました。



直射日光と砂浜の熱さで、ただ立っているだけでも汗をかくほどの晴天でした。


そんなお天気から一転、現在は台風10号が日本列島へと近づいていて、雨や曇りの日が増えてきましたね。

テレビ等さまざまなメディアで特集されているため、かなり有名な知識になりましたが、“曇りや雨の日でも”紫外線対策は必要です。


今回は「紫外線」についてお話します。
紫外線には3つの種類があって、UV-A、UV-B、UV-Cに分けられます。

UV-Cはその他2つの紫外線より危険な紫外線ですが、オゾン層などの大気によって遮断されているため、
私たちの身体に影響を及ぼしているのはUV-AとUV-Bとなります。

UV-Aは特に「しわ・たるみ」など老化の原因、
UV-Bは「日焼け・しみ」など肌トラブルに留まらず、「皮膚がん・白内障」など健康面にも影響を及ぼしています。
UV-Aは雲やガラスも通過してしまうため、直射日光を浴びていなくても紫外線対策が必要です。


これら紫外線から身体を守るための対策としては、
・SPFやPAの高い日焼け止めをこまめに塗る
・帽子やサングラスを身につける
・日傘を差す など様々な方法がありますが、対策をしていても全ての紫外線から身体を守りきれるとは限りません。


紫外線から受けたダメージを放置して、肌トラブルへと繋がらないためにも対策が必要ですが
そこで活躍するのが「美容鍼灸治療」です。


美容鍼灸治療は、今までお化粧で「隠す」ことしかできなかった肌トラブルに対して、身体の中からアプローチをして改善することが出来ます。

具体的には、しわ、シミ、たるみ、むくみ、くすみ、クマなど様々な肌トラブルに効果があります。


なぜ鍼灸治療が上記様々な効果があるのかと言いますと、鍼は肌の奥にある細胞や筋肉に直接刺激を与えることが出来るからです。

あえて鍼で皮下組織に傷をつけることで、壊れた組織を治そうする「自然治癒力」が働きます。すると、新陳代謝が活発になり血流が良くなったり、コラーゲンなど肌トラブルを改善する物質が分泌され、新しい肌が作られるという仕組みです。


鍼灸治療後に「目がぱっちりした」、「しわが薄くなった」など即効性の効果もありますが、皮下にあるものですから、
1回ではなかなか元に戻りません。ご本人の年齢や生活習慣などによっても改善するペースが変わります。

目安ですが、初回から5〜10回は1週間に1回の施術を受けていただき、新陳代謝をしっかり整えさせてください。
それ以降は施術者と相談をしながら施術間隔を決め、定期的なケアに来て頂くことを当院ではおすすめしております。


お顔の鍼のみでしたら、お着替えをすることなく、30分間で施術を受けることができます。お気軽にいらして下さい。


この夏に肌老化を加速させないように、しっかり紫外線対策をしましょう!!

過去のブログ