ABOUT TRIGGER POINT

TRIGGER POINT イメージ

トリガーポイントとは?トリガーポイント治療について

トリガーポイントを簡単にいうと「痛みを引き起こす体内のセンサー」です。

「引き金」という意味を持つトリガーと「点」という意味を持つ「ポイント」で合成語で、日本では古くから「発痛点」と呼ばれました。

トリガーポイントをより分かりやすく、以下にまとめましたので、是非ご覧ください。

トリガーポイントとは

トリガーポイントは具体的にどのようなものなのかご説明します。
人間には痛みを感じるためのセンサーがあります。
皮膚表面にもありますが、身体の中、筋肉(筋膜)などにも備わっています。
時にそのセンサーが過敏になり、ちょっとした刺激や冷えでも痛みを感じるようになったり、ひどい場合には、刺激がなくても常に痛みを感じるようになることがあります。

トリガーポイントの例を挙げてみます。
皆さんもきっと一度は経験のある、靴ずれを思い出してください。
靴ずれした場所は赤くなりますよね?
そして、ちょっとした刺激でヒリヒリ痛みを感じる、時には刺激をしなくても常にヒリヒリして、広い範囲で痛みを感じるようになってしまいます。

この状態が皮膚にある痛みのセンサーが過敏になっている状態です。
こすれて、赤くなっているから当たり前じゃないかと思うかもしれませんが、身体の中にあるセンサーも、筋肉(筋膜)同士がこすれたり、筋肉と骨の接合部に負担がかかってセンサーが過敏になると、痛みを過剰に感じたり、痛みを常に感じるようになっていまいます。
この、センサーが過敏になった状態がトリガーポイントだと言われています。

トリガーポイントは、時折遠くの方へ痛みを放散(*1)させます。
例えば臀部にあるトリガーポイントが、太腿の裏側、ふくらはぎなどに痛みや痺れを放散させたり、肩こりが頭に放散痛を出すと頭痛となり、 肩こりよりも頭痛の方が強いため本来の原因である肩こりが忘れ去られ、長引く頭痛に悩まされたりします。

トリガーポイントは、その他にも伳鞘炎や膝の痛み、顎の痛みなど様々な痛みの原因になります。

*1 痛みの放散(放散痛):本来悪い場所と違った場所まで痛みが広がる現象、上の奥歯に虫歯があるのに、下の歯やあごまで痛みを感じるというのも放散痛です。

トリガーポイントの見つけ方

トリガーポイントの見つけ方についてご説明します。
身体の中なので、靴ずれのように目で見ることはできませんが、痛みを感じる時の動作や、逆に痛みを緩和できる体勢をお聞きすることで、トリガーポイントのあるエリアを特定し、触診によってみつけていきます。

トリガーポイントの施術法

トリガーポイントの施術法についてご説明します。 トリガーポイントのある場所は、血流が悪くなっていますので、トリガーポイントが出来てしまった筋肉・筋膜に施術をすると共に、周囲の筋肉 にも施術をして、過敏になったセンサーを元に戻して症状を和らげます。 また、施術によりトリガーポイントに刺激が加わると、特有の「ズーン」という響く感じがしますが、これはトリガーポイントに当たったサイン でもあります。

トリガーポイント療法は、腰痛・坐骨神経痛・頭痛・痛み・五十肩などの痛み、肩こりや筋肉の張り、コリにも効果的です。

まとめ:feelのトリガーポイント療法は、感作した受容器(過敏化したセンサー)を脱感作(正常なセンサー)させ痛みを和らげることに併せて、周囲の筋肉も緩めることで、動きも良くしていく施術です。

トリガーポイント トリガーポイントイメージ?
トリガーポイント トリガーポイントイメージ?

当院のトリガーポイントサービスはこちら